盂蘭盆会(うらぼんえ)

お盆はご先祖様の霊をまつり、

お迎えして感謝の気持ちを伝える日です。

「お盆」というのは略称で、

正式名称を「盂蘭盆会」というそうです。

お釈迦様の弟子の目連尊者が

餓鬼道に落ちて苦しんでいる母を

救いたいとお釈迦様に相談したところ、

「自分の母親だけでなく、たくさんの人たちに

心から供養しなさい。」

と言われ、その通りにすると、母親は餓鬼から

逃れることができたそうです。

また、目連尊者はこの慣わしを後々までに

残したいとお釈迦様に申し出ます。

すると、お釈迦様は・・・

「旧暦7月15日にいろいろな飲食を盆に盛り、

同じように仏や僧や大勢の人たちに供養すれば

、その功徳によってたくさんの先祖は苦しみから救われ、

今生きている人も幸せを得ることができるでしょう。」

と、おっしゃいました。


この行いが、お盆の始まりと言われています。

お盆期間中、こども園るんびにいでも、毎年本堂にお参りに行ったり

精霊馬を作ったり、精進料理をお供えしたりして、

みんなでご先祖様をお迎えしています。

お家でも手を合わせ

ご先祖様をお迎えしましょう。

Leave a Reply